2021年2月28日日曜日

貴方が大切に思うものを大切にしてくれる人がいい。 電話結婚の悩みや相談


恋愛結婚相談 出会い結婚相談 電話相談恋愛


お問合せは上記からお電話ください。

六本木ミッドタウン傍です。 



結婚相手には「ありのままの自分」を認めてもらいたい、という意見があります。

これではなかなか結婚は難しいと思うのです。 

恋愛においては、相手に対して「いいところを見せたい」という気持ちが勝ることがあります。好きな相手に失望されたくない、お互い楽しんでいきたい、などの気持ちがあるからでしょう。

恋愛期間が長くなると、お互いのことがわかるようになり「素」を出すことも増えます。許せないことも出てきたり、喧嘩も増えたりしますよね。時には別れを選ばなくてはならないことも…。 

恋愛においてありのままの自分を出して失敗することもある

恋愛でも出さない方がよかったのに、結婚でありのままを出していいの?

そんな風には感じませんか。 

ありのままの自分を結婚相手に認めて欲しいけれど、相手のありのままは許せないこともある、ということを恋愛経験から知っておいてほしいのです。

ということは、結婚を考えている人にこそ、「ありのまま」願望を控えていただく必要が出てくるのではないでしょうか。 

結婚を本気で望まれている人から「結婚を考えられるように人に出会えない」という相談を受けることがあります。ここから2つの可能性が考えられます。

・ありのままを封印し過ぎてその人が見えない

・ありのまま過ぎて努力している感じがない 

結婚を考えたり、相談している人はこの2点を振り返ってみてください。

結婚は生活として続きます。ゴールではなくあくまでふたりの人生のスタートです。

本気の結婚を考えている方にこそ、相手や自分についての本気の相談が必要だと思います。

 

2020年11月4日水曜日

出し抜くな、それをすれば虚しいことになる、今日は出し抜いても明日はどうなる。 恋愛相談

 

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 結婚相談恋愛 

お問合せは上記からお電話ださい。
六本木ミッドタウン傍です。 



 何ごとであれ改革とは、効果が見えてくるまでには長い期間を要するものだから、その間の人々の同意を維持しつづけていくための対策を忘れるわけにはいかないのだ。
塩野七生『ローマ人の物語』 
  
女は、いかに自分の才能を認め活用してくれようが、女のためには絶対死なない。
塩野七生『男の肖像』 
  
信仰という行為が多くの善男善女にとっての大切なことである以上、他者の信ずる神の存在を許容するという考え方は、他者の存在も許容するという考えと表裏関係にあるということである。
塩野七生『日本人へ リーダー篇』 
  
学ぶとは、特別に秀でた人から学ぶとはかぎらない。
誰にでも機会を提供しているのが、歴史というものなのである。
塩野七生『日本人へ 国家と歴史篇』 
  
敬意を払われることなく育った人には、敬意を払われることによって得られる実用面でのプラス・アルファ、つまり波及効果の重要性が理解できないのである。
故に、誠心誠意でやっていればわかってもらえる、と思いこんでしまう。
塩野七生『ローマ人の物語』 




2020年10月17日土曜日

恋愛結婚相談|結婚相談出会い OBERON六本木

   

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 結婚相談恋愛 

お問合せは上記からお電話ください。
六本木ミッドタウン傍です。 



勝つために、実に卑劣な手段を用いる。そうして、俗世に於(おい)て、「あれはいいひとだ、潔癖な立派なひとである」などと言われることに成功している。
殆(ほと)んど、悪人である。
太宰治『如是我聞』
  
人は、もし、ほんとうに自身を虚(むな)しくして、近親の誰かつまらぬひとりでもよい、そこに暮しの上での責任を負わされ生きなければならぬ宿業に置かれて在るとしたならば、ひとは、みじんも余裕など持てる筈がないではないか。
太宰治『春の盗賊』 
  
自分を駄目だと思い得る人は、それだけでも既に尊敬するに足る人物である。
太宰治『十五年間』 
  
曲者(くせもの)というものは、たいてい浅墓(あさはか)で興覚めな、けち臭い打算ばっかりやっている哀れな、賤(いや)しい存在だが、それを見破ったからとて、こちらでただ軽蔑(けいべつ)して、のほほん顔でいたならば、ひどい目に遭う。
うっかりしていると、してやられる。黙殺したい、いや、蔑棄したい程、いやな存在だが、油断がならん。
太宰治『新ハムレット』 
  
人間というものは、みじめな、可哀そうなものですね。成功したの失敗したの、利巧だの、馬鹿だの、勝ったの負けたのと眼の色を変えて力(りき)んで、朝から晩まで汗水流して走り廻って、そうしてだんだんとしをとる、それだけの事をする為(ため)に私たちは此(こ)の世の中に生れて来たのかしら。
虫と同じ事ですね。ばかばかしい。
太宰治『新ハムレット』 






 
🍇